【プライバシーポリシー作成】ワードプレスのフッターに設置する方法【デフォルト・コピペOK】

 

 

 

 

 

 

 

こんばんわ!今回はWordPressにプライバシーポリシー(Privacy Policyを設置する方法を解説します。

現在Googleアドセンスの審査に合格するためには必須になっています。Google Analyticsの規約7項にも記載されていますし、2018年5月25日にはEUの一般データ保護規則(GDPR)が適用されるなど世界的にもそういった流れになってきています。

この記事ではプライバシーポリシーの内容から作成ブログ設置まで解説致します。

完成はこんな感じ↓

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシーとは

 

 

 

 

 

 

日本だと「個人情報保護方針」なんて言われます。インターネット上に飛び交う個人情報を保護するためのもので、あなたのブログに例えるならば「ブログ閲覧者が残したメールアドレスやCookieなどをWebサイトではこのように管理しますよ。」という明示が必要だということです。

現在ウェブ上に存在するほぼ全てのサイト・ブログに存在していますし、閲覧者に「このサイトはコンプライアンスがしっかりしているな」という印象を与えますので今後運営を考えているのであればしっかり設置しましょう。

EUの一般データ保護規則(GDPR)によると個人情報の管理その扱い方法特別な時には情報の提供と削除を行うように明記されていますので一度確認を。

免責事項

 

 

 

 

 

 

 

同時に免責事項も記載しておきましょう。

例としては「あなたが当サイトの利用・商品の購入に際になにか不利益・損害を被った場合、当サイトは一切責任を負いません」といった内容です。

これもプライベートでお店など個人情報の記入や何かサービスを受ける際、いわゆる「念書」のようなものを書かされたことはありませんか?そこには大体免責事項が書かれているはずです。

著作権

 

 

 

 

 

 

 

著作権も同様です。例でいうと「当Webサイトに掲載されている画像、動画、記載されている文章は全て運営管理者に帰属します」という内容です。

これもしっかり記載しないとそこら中コピーコンテンツだらけになってしまう可能性もありますからね。自分の身は自分で守りましょう!

プライバシーポリシーのページ作成

ここまで理解できたら実際サイト上に設置するプライバシーポリシーのページ作成と設置を行いましょう。

ダッシュボードから設定プライバシーを選択。

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシーページに飛びますので新規ページ作成を選択。

 

 

 

 

 

 

 

するとWordPressではデフォルトでプライバシーを自動でブログ開設の時から生成してくれていますので、問題なければ公開してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみに当ブログでは以下のプライバシーポリシーを採用しております。サイト名やメールアドレス部分はそれぞれご自分の名前をいれてください。


個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

広告の配信について

[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

連絡先

またご質問等ありましたら[連絡先メールアドレス]までご連絡ください。


プライバシーポリシーを設置する

あとは最適な場所に設置するだけ。この記事ではフッターに表示する方法を解説しています。外観からメニューを選択。

 

 

 

 

 

 

 

メニュー画面で上側の「新しいメニューを作成しましょう」を選択。

 

 

 

 

 

 

 

次にメニューを作りますのでメニュー名フッター(何でも可)→メニューを作成を選択。

 

 

 

 

 

 

そしたら左側の「固定ページ内」からPrivacyPolicy(プライバシーポリシー)をチェック。今回はSiteMapContactも一緒に選択しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとメニュー構造に追加されますので右下のメニューを保存を選択。

 

 

 

 

後は設置だけ。外観からカスタマイズを選択しウィジェットをクリック。

 

 

 

 

フッター(左)を選択。※使用しているテーマによってフッターの種類が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

固定ページを選択しタイトルを自由につけ完了

トップページの表示確認をしましょう。問題なければ完了です。

 

 

 

 

 

 

 

✅補足説明–最初固定ページを設定した時に初期設定にいじってなければSample Pageが表示される場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

このページは必要ないので削除できます。固定ページから固定ページ一覧を選択。

 

 

 

 

 

 

 

Sample Pageの中のゴミ箱へ移動から削除できます。すると固定ページからなくなりますのでこれで完了になります。

あ、ツイッターのフォローしていただけるとうれしいです~→https://twitter.com/KURONEKOKUN0214

 

 

 

 

 

WordPress

Posted by クロネコクン