WordPressとTwitterやFaceBookの連携をプラグインで行う方法【自動投稿】「JetPack」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ!今回はWordPressで投稿した記事をTwitterFaceBookなどのSNSへ自動投稿するための方法を解説します。

昨今ではSNSの利用はインターネットのビジネスでは必要不可欠になっています。WordPressなどのブログはその記事に飛び込まないと目にすることはできませんが、SNSではリツイートなどの「拡散機能」があるため記事投稿者以外が投稿を広めてくれる可能性があるため宣伝にはもってこいです。

ブログとSNSを連携することで、PV数増とSEOを強化するために行います。

➀SNSアカウントの作成

まず記事を投稿したいアカウントの作成を行いましょう。

今回は各SNSのアカウントの作成方法には触れませんので、こちらは作成の方をお願いします。

リンク張っておきます

FaceBook→登録はここから

FaceBookの場合はアカウント作成後「FaceBookページ」を作成する必要があります。

Twitter→登録はここから

※登録が終わったらログインした状態にしておきましょう。連携をスムーズに行えます。

②プラグインの導入

今回使用するプラグインは【JetPack】です。

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

プラグイン検索画面で右上の検索欄に「JetPack」と入力してインストールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インストールしたら「有効化」をクリック

 

 

 

 

 

WordPressとの連携を行う

設定可能な画面に移ったら「JetPackを設定」を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

するとログイン情報を元にWordPressのアカウントを探してくれますので、連携するアカウントが問題なければ

「承認する」を選択すると認証手続きを開始します。

 

 

 

 

 

WordPressのサイトとJetPackのアカウントが連携できたらプラン選択画面がでるので一番左の

Freeプラン(無料プラン)を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

これでWordPressのサイトとJetPackのアカウントの連携・認証は終了です。

③JetPackの設定とSNSとの連携

ダッシュボードに戻って「プラグイン」から「Jetpack by WordPress.com」の設定を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら共有タブを選択。「ソーシャルネットワークに自動共有」がONになっているかをチェックし

「ソーシャルメディアアカウントを接続する」を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると連携したいメデイアを選択できるので「連携」を選択。(今回はTwitterを例にします。FaceBookの場合はその横の「連携」をクリック)

 

 

 

 

 

 

 

 

JetPack(WordPress)とTwitterの連携・認証を許可するか聞いてくるので「連携アプリを認証」

を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると「Twitterアカウントと連携しました。」を右上に表示。「連携」ボタンも「連携を解除」ボタンに

変わっているので連携完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に新規で記事投稿し、Twitterのタイムラインに追加されているか確認してみましょう。(一例画像⇩)

 

 

 

 

 

 

 

 

④補足説明(記事ごとに連携のON/OFFの切り替えの仕方)

記事作成画面で右端の公開設定をご覧ください。

「パブリサイズ共有」「編集」・「設定」があるので「編集」を選択。

「TwitterのID」「チェック欄」があるので記事をSNSに投稿したい場合はチェック欄にチェックを入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

これで全ての連携が完了です。

一回の投稿でSNSまで自動投稿できればビジネスチャンスも広がるかも!

あ、ツイッターのフォローしていただけるとうれしいです~→https://twitter.com/KURONEKOKUN0214

WordPress

Posted by クロネコクン